スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO 麦茶 NO LIFE

2008年01月13日 13:16

こんにちは。あまみです。
早く携帯とかで写真とか載せたいね…
まぁいいです。それは

皆さんは麦茶好きですか?
私は大好きです。紅茶も

そこで!麦茶の歴史についてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で調べてみました。

すると…

麦湯は、平安時代より貴族が飲用していたとされる。

以後、室町時代まで貴族が飲用し、戦国武将にも飲まれた。
江戸時代には屋台の「麦湯売り」が流行した。 天保に書かれた『寛天見聞記』には「夏の夕方より、町ごとに麦湯という行灯を出だし、往来へ腰懸の涼み台をならべ、茶店を出すあり。これも近年の事にて、昔はなかりし也」とあるように専門店である「麦湯店」も出現した。 これは麦湯の女とよばれる14~15歳の女子が、一人で食事もなにもなく麦湯のみを4文ほどで売るものであった。
なお大麦の収穫時期は初夏であり、獲れたての新麦を炒るのが美味であるため、夏の飲料とされた。
明治時代に麦湯店もはやると同時に庶民の家庭でも炒り麦を購入し飲用されるようになった。

らしい…

すげぇ…(´益`;)
貴族にも…戦国武将にも…私にも。飲まれてる!
すごいね。今度からアレだ。「尊敬する人」の所に”麦茶”って!
人じゃないけどネ(*つД-`*)
( *´ω`)ゞ麦茶ヲ☆ (*゜∀^)b 一生♪ ゛o(*・ヮ・*) 愛シテク!! ひよこ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://amami121.blog115.fc2.com/tb.php/35-5ab0388c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。